カードローン審査「通らない理由」を考えよう!

ローン審査が受からない時には「属性」を確認しましょう。
属性とは、申込者の年齢や年収、他社での借入・返済の状況、過去の延滞情報、家族構成、勤め先の情報、勤続年数など、総合的な情報を指します。

 

属性は別名「スコアリング」と呼ばれます。
それぞれ、年収や年齢を点数化して「何ポイント以上は合格、何ポイント以下は否決」と、審査の基準を設定しているのです。

 

属性を見れば、審査に受かるか簡単にチェックできます。

 

ローン審査・通らない理由は?

ローン審査が通らないのは「他社での借入件数」が問題かもしれません。
例えば、他社での借入が3社を超えると、新しい借入は難しくなります

 

こんな人は、ローン審査に通らない

短期間に3社以上連続で申し込むと「申込ブラック」と呼ばれる状況に陥ります。
申込ブラックとは、ブラックリストのことではありません(俗に言うブラックリストは、存在しません)。

 

申込ブラックとは、連続で申込をすることで審査が通らなくなる状況を指します。
申込ブラックとは「通称」です。

 

申込の回数が多すぎたため、自動的に「新たな申込ができないよう」ブロックされる状況を現しています。

 

ローン審査で否決されたら、次にすべきこと

申込ブラックの場合は、次回の申込まで「最低でも1カ月〜3カ月」の間を開けて、申込をしましょう。
また、1カ月あたりの申込は3件を越えないように注意してください。

 

ローン審査が通らない時は、属性や申込の回数を確認しましょう。
条件さえ満たせば、審査の可決は難しくありません。