カードローン審査「合格の基準」を教えます!

ローン審査の基準は、申込者の「まじめさ」が重視されます。
まじめさとは、過去の借入や返済状況だけでなく、性格や電話の対応時に見せる「人柄の良さ」も含まれます。

 

ローンを申し込む際には、まじめさを演じることも重要です。

 

実際に、元融資担当者(銀行系ローン会社)の話によると、クレジットヒストリー(ローンの状況状況)に加えて、信頼できる人かどうか、話しぶりや声のトーンなども細かくチェックしているようです。
また、勤め先の職種や勤続年数、年収なども合わせて総合的に審査が行われます。

 

審査の合格は「まじめさ」と過去の履歴にかかっている

審査の可決は、申込者の人柄や態度が重視されます。
このほか「クレジットヒストリー」が審査の結果を決めています。

 

クレジットヒストリーとは、過去のカードローン、クレジットカードの利用状況を指します。
クレジットヒストリーは、各ローン会社だけでなく、金融機関全体で情報共有が行われます。

 

情報を総合的に管理するのは「信用情報機関」です。
信用情報機関は、銀行・信販会社・消費者金融がそれぞれ所属する機関を指し、私たちの個人情報や過去の借入状況、家族構成や年収まで、すべての情報を預かる場所です。

 

もちろん、クレジットカードやカードローンを利用したことが無ければ、信用情報機関にデータは登録されません。

 

日本の代表的な信用情報機関には、JICC(株式会社日本信用情報機構)やCIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)のほか、全国の銀行や銀行系ローン会社が所属する全国銀行協会(全国銀行個人信用情報センター)があります。

 

全国銀行協会は、銀行や銀行系ローン会社のほか、信用組合、信用金庫、農協、信用保証協会などが所属しています。
住宅ローンを利用される方、資金調達でビジネスローンをお使いの方は「信用保証協会」をご存じのはずです。

 

銀行のローンを利用すると、キャッシング情報だけでなく、住宅ローンやおまとめローンなどの借入、審査の内容までデータ化され保管されます。
また、注意したいのはCICの情報です。

 

CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)では、主にクレジットカードの取引を預かっています。
携帯電話やスマートフォンを分割で買われた方は、CICに借入の情報が記録されています。

 

もし、携帯電話端末代金の未払いや遅延があると、クレジットヒストリー(借入の情報)に「遅延の情報」が残ります。

 

こうしたデータを銀行や信販会社がチェックすると、新たな借入や増枠申請は却下されます。
最悪の場合、サービスの停止やカード会員の登録抹消が行われるので注意しましょう。

 

実際に、途上与信を入れる金融機関は多いです。
クレジットカード、カードローン共に、年に数回「利用状況を確認する目的で」データの開示が行われるのです。

 

自らの信用情報が気になる方は、JICCやCIC、全国銀行協会で情報開示を行ってください。
情報の開示請求は、全国の支所(窓口)で手続きできます。

 

また、ネットでも受け付けているので、日中忙しい方はパソコンやスマートフォンから手続きをしてみてください(その他、郵送でも請求可能)。
ただし、開示には手数料が発生します。

 

料金は500〜1,000円前後かかる(有料)なので、必要な時にだけ請求を行うと良いでしょう。

 

ローン審査は、過去の借入状況をチェックされる

ローン審査では、過去の借入状況も詳しくチェックされます。
例えば「限度枠ギリギリ」で融資を受けていたり、(他社で)2〜3件を超える借入(キャッシング)があれば、審査は通りにくくなります。

 

現在は完済しており、他社での借入件数が1〜2件の範囲なら、新たな融資は否決されません。
3件を越えないように注意し、年収の3分の1以内で融資を申し込んでみましょう。

 

消費者金融の場合は、総量規制の対象となり「年収の3分の1以上」の融資は受けられません。
ただし、銀行ローンの場合は「年収の制限無し」としています。

 

原則、年収の3分の1以上の融資が受けられますが、年収とアンバランスな借入は否決されます。
銀行ローンを利用する場合も、年収の3分の1〜4分の1の範囲でおさまるように注意しましょう。

 

ローン審査・必要な書類を何度も確認しよう

ローン審査の書類は、誤字や脱字、必要事項の抜けが無いかどうか、何度も確認をしてください。
また、50万円を超える融資(消費者金融の場合)には、所得証明書が必要です。

 

最新の確定申告書や給与明細(直近2〜3カ月分)、ボーナスがあれば賞与明細も準備しましょう。
書類に不備が無ければ、最速「即日融資」が受けられます。

 

ローン審査は人柄や書類の正確さが大きく左右します。
カードローンで即日融資を受けたい方は「良い人柄」を意識して審査を受けてください。

 

また、必要な書類に不備が無い様、早めに準備をはじめてください。